国内ニュース

全盲男性と点字ブロックでぶつかり白杖を壊し、蹴ったのは誰?非難集中!

スポンサーリンク

こんにちは、まめ柴です。

本当に情けない、腹立たしい事件がおきました。

詳しく見ていきましょう。

事件の概要

東京都八王子市の京王八王子駅前の路上で今月3日、点字ブロックの上を歩いていた全盲の男性が通行人と正面からぶつかり、白杖(はくじょう)が壊れた。つえを拾おうとかがんだところ、男の声で「目が見えないのに1人で歩くな」と言われ、右足を蹴られたという。けがはなかったが、相手はそのまま立ち去ったという。

被害に遭ったのはNPO法人「八王子視覚障害者福祉協会」副理事長で市内に住む宮川純さん(41)。3日午前8時ごろ、JR八王子駅前でバスを降り、歩いて職場の福祉事業所に向かう途中だった。予備のつえを使って職場に着くことができた。

散らばったつえの部品を拾ってくれた通行人が、ぶつかった相手は「20~30代のサラリーマン風の男」だったと教えてくれたという。宮川さんはぶつかった直後にスマートフォンが落ちたような音を聞いた。毎日新聞の取材に「もし『歩きスマホ』なら絶対にやめてほしい。白杖がなければ外を一歩も歩けない人がいることを分かってほしい。予備のつえで歩いているが、不安でたまらない」と訴え、助けてくれた人や心配して声をかけてくれた人に感謝の気持ちを述べた。

社会福祉法人「日本盲人会連合」は6月、駅の安全対策として「歩きスマホの禁止」などに取り組むように国土交通省に陳情している。通行人とぶつかって転倒し入院した例もあるという。
引用:毎日新聞

 

全盲の男性が、点字ブロックの上を歩いていたところ、前から来た男性にぶつかり、白杖がおれてしまいました。

これが、壊された白杖です。


引用:毎日新聞

 

ぶつかった男性は、全盲の男性を助けるどころか、「目が見えないのに1人で歩くな」と言い放ち、右足を蹴ったうえ、そのまま立ち去ったということです。

何て酷いことをするのでしょう。

普通の人ならば、お互いにぶつかったことを詫び、目の不自由な人が困っていたら、白杖を手渡ししてあげるなどするのではないでしょうか。

それどころか、「目が見えないのに1人で歩くな」などと、相手の心を傷つけるようなことを言い放って、しかも、蹴っていくとは!

 

点字ブロックの上を歩いていた被害者には、落ち度があったとは思われません。

というよりも、点字ブロック上を歩いていた男性の方が問題なのではないでしょうか。


これが点字ブロックですね。

 

しかも、男性は、ぶつかった直後にスマートフォンが落としたようだったとのこと。

『歩きスマホ』で前を見ずに、しかも、点字ブロックの上を歩いていたとしたら、ぶつかったに男性に問題があるのは明らかですよね。

 

被害者の方は、、、


引用:毎日新聞

 

氏名 宮川純
年齢 41歳
住所 八王子市
職業 NPO法人 八王子視覚障害者福祉協会副理事長

 

壊された白い杖は、はくじょうといい、目の不自由な人が歩くために欠かせないものです。

主に、3つの役割があるそうです。

・障害物に衝突するのを防ぐ役目
・まわりのようすを探る役目
・目が不自由であることをまわりの人に教える役目

大切な役割を果たす白杖を壊された宮川さんは、さぞかし、不安なまま、歩かねばならなかったことでしょう。

スポンサーリンク

全盲男性と点字ブロックでぶつかった現場は?

現場は、京王八王子駅前の路上です。

時間は、午前8時ごろですし、駅前ですから、人通りも多かったことでしょうね。

全盲男性と点字ブロックでぶつかり白杖を壊し、蹴ったのは誰?

目撃者の情報によると、ぶつかった相手は「20~30代のサラリーマン風の男」だそうです。

ぶつかったのは、午前8時ごろですから、出勤の途中だったのかもしれません。

全盲男性と点字ブロックでぶつかり白杖を壊し、蹴った男に非難集中!

 

点字ブロックが何のためにあるのか知らない人がいるんでしょうか?
逆ギレして、暴力までふるうなんて考えられない。

防犯カメラがあるのなら、ぜひ探し出して下さい。
できれば本人が名乗り出て
白杖の弁償と、被害者へもしっかりお詫びをすべきだと思います。

思いやりのない行動をする人がこんなに増えてしまった現代、
障害のある方や妊婦などの疑似体験をする機会をもっと増やしてはどうかなと思います。

相手の気持ちになることさえ出来ず、人を蹴るとかあり得ない。
相応以上の報いがありますように。
もし、歩きスマホをする為に加害者が点字ブロックを利用していて、白杖を使用していた被害者にぶつかり、白杖を破損させて蹴りまでいれているのだとしたら…加害者の人生をめちゃくちゃにしてやりたい。
こうしてネットニュースになり、世間の注目を集めれば、警察の再調査も時間の問題ですね。
当時は防犯カメラには角度的に写っていなかったらしいが、カメラは無数にあるハズなのでなんとしても犯人を突き止めてもらいたい。
そして、歩きスマホがどれだけ危険な行為か、点字ブロックは何のためにあるのか、世間に再確認しる機会になればよいと思います。
ひどい事件だ。
目撃者や監視カメラの映像で、犯人は逮捕すべきだ。
全盲の人の介助研修を受けたことがある。アイマスクをして介助者と白杖で歩行する体験をしたが、全盲の状態で歩くのは大変だ。
あれから白杖を持っている人がいたら、道を譲って道を開けるよう自分は心がけている。

まとめ

ネット上の反応をみると、どの方もぶつかった男性に対して怒り心頭でした

それはそうですよね。

相手に対して全く思いやりがないですから、、、。

 

被害にあわれた宮川さんをはじめ、目の不自由な方が安心して歩ける世の中になってほしいですね。

白杖を持つ方がいたら、声をかけて手助けしてみようと思います。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク