吉岡友喜容疑者、吉村勇祐容疑者の顔画像、女性暴行を数十件。逮捕後の顔写真公開の意味は?

女性を畑に連れ込んで脅し乱暴したとして、会社員の男2人が逮捕されました。

ところが、逮捕された後に、敢えて2人の顔写真を公開する事になったのです。

どういうことなのでしょうか。

細かくみていきましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

 逮捕されたのは、春日井市の会社員・吉岡友喜容疑者(22)と守山区の会社員・吉村勇祐容疑者(22)です。

吉岡容疑者らは今年5月29日夜、小牧市の歩道で自転車に乗っていた当時20歳の女性を畑に連れ込んだ上、「うるさくしたら、いつでも殺せるから」などと脅し乱暴した、強制性交の疑いが持たれています。

愛知県警によりますと2人は幼馴染で、犯行前、現場付近を車2台に乗って手分けし、1人でいる女性を物色していたということです。

調べに対し2人は容疑を認め、ほかにも数十件の犯行を供述していることから、愛知県警は2人の顔写真を公開し余罪を追及する方針です。

引用:東海テレビ

車2台に乗って手分けし、1人でいる女性を物色して、女性を畑に連れ込んで脅したうえ、強制性交におよんだようです。

犯行の段取りが慣れていますね。

2人は幼馴染だということで、お互いをよく知っているのでしょう。

また、今までにも数十件の犯行をしているからなのかもしれませんね。

さらに、2人は元自衛官だったそうです。

機敏な動きは得意そうですね。

現場付近の地図

現場は、小牧市です。

スポンサーリンク



吉岡友喜容疑者の顔画像とプロフィール

人
引用:東海テレビ

氏名 吉岡友喜
年齢 22歳
職業 会社員
住所 春日井市高山町

元自衛隊員だそうです。

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

気になる方はこちらからどうぞ→Facebookアカウント

吉村勇祐容疑者の顔画像とプロフィール

ひと
引用:東海テレビ

氏名 吉村勇祐
年齢 22歳
職業 会社員
住所 名古屋市守山区瀬古東

元自衛隊員だそうです。

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

気になる方はこちらからどうぞ→Facebookアカウント

逮捕後の顔写真を公開の意味とは?

普通、顔写真を公開するのは犯人を逮捕するためです。

ですが、この事件の場合、容疑者は既に逮捕されているのに、その後、敢えて顔写真を公開しています。

なぜなのでしょうか。

① 容疑者らは、本件以外にも数十件の犯行を供述しています。

という事は、未だ明らかになっていない被害者女性がいるということです。

その事件の捜査のために公開する必要がありました。

② 被害に遭った人に、容疑者は既に逮捕されているという事を示して、安心感して過ごして欲しいことを伝える意味があったのです。

スポンサーリンク



ネットの反応

アメリカのどっかの州みたいに性犯罪者の顔写真&名前、住所を一元管理して自由に参照できるようなサイトを作るべき

引用:ヤフーニュース

今回の写真、実名報道に正当性を感じた。
当たり前の事なんだけど。
今までの顔も実名も出さない事件と今回は何が違うのか、、、
強制性交罪が厳罰化されたそうだけど、いつか出所したら何も無かったように生活するんだよね。
まだ22歳だし。
再犯率の高い事件を起こした者には本当にGPSを。
加害者にも人権や、公正の可能性がなんて言う人が居るけど有り得ない。
一度でも犯罪を犯したって事は監視の下生きて行く。そういう扱いを一生受ける義務があると思う。
被害に遭って心身共に癒えない傷と闘いながら生きていかなきゃいけない被害者がいるんだし。
だからまた再犯で被害者になり得る側を全面的に守る司法であってほしいと切に願います。

引用:ヤフーニュース

数十人もの被害者女性を生み出した容疑者達には、罪を償うのは勿論のこと、その後の生活においても、それ相応のペナルティーが与えられるのも、仕方ないことなのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする