豊田市・小学1年生男子、校外学習で熱中症死亡。暑さに対する甘い判断…

愛知県豊田市で、17日、校外学習に参加した小学1年生の男子児童が熱中症で亡くなってしまいました。

当日、豊田市の17日の最高気温は37.3℃で、高温注意情報が出されていたのですが。

この暑い中、いったい何があったのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

豊田市などによると、死亡したのは豊田市立梅坪小学校の1年生の男子児童で、17日午前、校外学習から教室に戻った後、意識が遠のき、搬送先の病院で死亡した。教育委員会は「高温の中で校外学習へ行かせてしまったことについては、判断が甘かった」と話した。

引用:NNN

状況を更に細かく見ていきましょう。

・午前10時頃  事前にお茶を飲んだ後、校外学習の場所である、公園(和合公園)へ出発

・午前10時半頃 公園に到着、校外学習30分間

・午前11時頃  お茶を飲んだ後、公園を出発

→男子児童は「疲れた」と訴え、列から遅れ気味だった。

・午前11時半頃 学校に到着

→お茶を飲み、風通しの良い場所にいたが、男子児童の唇が紫に急変。

・午前11時50分頃 男子児童は意識不明に。AEDを使用する。救急搬送。

・午後0時55分頃 搬送先の病院で、死亡確認

ということです。

学校と公園の位置関係は?

豊田市立梅坪小学校から、和合公園までは距離にして約1㎞、大人が歩いて15分位の所にあります。

そこまで、30分かけて歩いて行きました。

公園
引用:NNN

これが和合公園です。

遊具がたくさんあって、子どもにとって楽しい公園なんでしょうね。

男子児童は体調がよくないにもかかわらず、夢中になって遊んでしまったのかもしれません。

スポンサーリンク



問題点・暑さに対する甘い判断?

通常であれば、この校外学習は何も問題のないものだったのでしょう。

学校としても、朝の体調のチェック、出発前の水分補給、途中での水分補給など、注意してい

たことは伺えます。

ただ、この日の豊田市の最高気温は37.3℃で、高温注意情報が出されていたのです。

午前中であっても、30度は超えていました。

そして、この連日の暑さ。

体力が弱っていたかもしれません。

また、背の低い子どもや幼児は、地面からの照り返しが強く、大人よりも高温を地面から受け

ることになります。

大人よりも、ずっと消耗するようです。

そんな自分の身体の状況を、小さい子は自覚しないものです。

公園への行き帰りに、男子児童は「疲れた」と言っていたそうです。

教師が手を引いてあげたそうですが、万が一のことを想定して、体調がすぐれない子は、タクシーなどで送迎してもよかったのかもしれません。

この男子児童以外にも、3人ほど体調不良になった子供がいたそうです。

教育委員会は、、、

 
引用:NNN

教育委員会は「高温の中で校外学習へ行かせてしまったことについては、判断が甘かった」と話し、謝罪しています。

実際のところ、当日の予定変更は難しいそうです。

ですが、室内にいても熱中症になってしまうような現状の暑さですから、止める判断をしてほ

しかったと思います。

スポンサーリンク



ネット上の反応

かわいそうに、
無知な大人に殺されたようなものだな。

判断が甘かったのではなく、
根本的に危機意識が欠如しており、
判断が出来ないと言った方がいい。

引用:ヤフーニュース

完全に防げた大人の判断ミス。
中止にできた。
引き返せた。
扇風機、お茶で対応している場合ではなかった。
大人でさえ運動を控えているのに
年中行事だったからだと。
校長は、結果として~痛感しているとのこと。
結果として?そもそも本質を捉える能力がゼロ。

引用:ヤフーニュース

まとめ

男子児童は熱中症の中でも、熱射病という重症になり、亡くなってしまいました。

苦しかっただろうに、、、。

ご冥福をお祈りいたします

まだ、酷暑が続きます。

気を付けて参りましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする