首都高・女性(中村美里さん)死亡事故、二度見するほどの事故現場画像、分離帯に激突!

首都高速で10日、軽自動車がコンクリートの分離帯に突っ込む事故があり、運転していた23歳の女性が死亡しました。

その事故の衝撃の凄いこと、、、。

細かくみていきましょう。

スポンサーリンク



事故の概要

警視庁によると10日午後8時半ごろ、首都高速中央環状線内回りの大橋ジャンクション付近で「軽自動車が分岐点に突っ込んでいる」と110番通報があった。

軽自動車は中央環状線と首都高速3号線が分かれる地点のコンクリートの分離帯に突っ込んで大破したという。

軽自動車には男女4人が乗っていて、運転していた埼玉県の中村美里さんが全身を打つなどして死亡し、中村さんの息子とみられる5歳の男の子を含む他の3人も軽いケガをしているという。

警視庁は、事故の詳しい状況を調べている。

引用:NNN

首都高速道路の大橋ジャンクション付近で、分岐点に衝突したとのこと。

運転していたのは中村美里さん、23歳、埼玉県在住の方です。

残念ながら、中村さんは亡くなってしまいました。

車には中村さん以外に、息子とみられる5歳の男の子、他二名が乗っていましたが、軽傷で済んだようです。

スポンサーリンク



事故の画像

車
引用:NNN

ん・・・?これ、車ですか?

じっと見てやっと状態を把握しました。

車が立っているではないですか。

コンクリートの分離帯に突っ込んだようです。

衝突のときの激しさがわかりますね。

大破してます。

なんでこんなことに・・・。

分岐を間違えて、慌ててハンドルをきったのでしょうか。

車
引用:NNN

こんな激しい事故でしたから、車から火が出てもおかしくはなかったと思います。

出ていたら、他の同乗者も軽傷では済まなかったでしょう。

火が出なくてよかった。

事故現場付近の地図

首都高速中央環状線内回りの、大橋ジャンクション付近が事故現場です。

スポンサーリンク



ネットの反応

日本の道路は狭くて走りにくい。あと首都高は右車線に行ったり左に行ったりややこしい。毎日、事故が起こらないわけがないと思う

引用:ヤフーニュース

これだけの事故でよく3人助かったな。
ちゃんとシートベルトしてたんだろう。
だいたい運転手だけ生き残って、他は・・ってパターン多いから。

引用:ヤフーニュース

いや、首都高は急に分岐点とか出てくるから怖いよ
そこをみんなすっ飛ばすから更に恐ろしい。制限速度でも速いくらい。

引用:ヤフーニュース

飛ばしすぎて、いきなり眼前に分岐が現れてブレーキも間に合わず、ドンって感じかな。

過去に首都高走ったことあるけど、ナビ使っててもわかりにくし。

引用:ヤフーニュース

まとめ

ネットの反応にもあったように、首都高速道路は分岐点が多いですし、急に出てくる感じがして、運転しずらいです。

ナビがあっても分かりにくい。

道を間違えた時は、急ハンドルをきるのではなく、間違えていった先の道から戻ってくるぐらいの、余裕を持って運転したいものです。

事故を起こさないようにするために。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする