山陽新幹線、ボンネットに大きなひび割れ、画像あり、原因は?

6月14日の午後、博多発東京行きの山陽新幹線「のぞみ176号」の先頭部分のボンネットに大きなひび割れが確認されました。

その画像と原因を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク



ボンネット破損の画像

これは、新下関駅で停止している新幹線の画像です。

電車
引用:ANN

車両の先頭部分に相当に破損していますね。

電車
引用:JNN

車体の一部が赤く染まっていますね。

血でしょうか?

前方から後方に向かって流れていますね。

何かが当たって、跳ね飛ばされたような感じです。

スポンサーリンク



原因は?

北九州市内で反対方向を走っていた新幹線の運転士が、その破損に気づいたそうです。

運転手自身は気づかなかったようですね。

原因は明らかではありませんが、考えられるのは、動物か人との接触です。

小倉駅と博多駅の間のトンネル内に人が入って、接触したという情報もあります。

今現在、はっきりとしたことはわかりませんが、原因がわかり次第、おって調査していきたいと思います。

スポンサーリンク



ネットの反応

何かがぶつかったのかな?
あの速さで走って、何かに当たればこうなってもおかしくはない

引用:ヤフーニュース

ボンネットの破損はともかく、ボディについた茶色いシミは血ですよね?
動物だとしたら、かなり大きな動物を轢いた感じですね。

引用:ヤフーニュース

何が原因か分からないけど、重大な事故が起きる前に気付いて良かった!

引用:ヤフーニュース

新幹線の乗客にけがはなかったようで、それはよかったと思います。

また、破損から生じる大きな事故につながらなくて、よかったとも思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする