群馬・渋川山車まつり事故、女児をかばい妊娠中の母親が重傷、赤ちゃんは大丈夫か?安全面は?

11日午後4時ごろ、群馬県渋川市で開かれている「渋川山車(だし)まつり」で、山車の周囲にいた8人が転倒したり、山車にひかれたりして、骨折などのけがを負った事故がありました。

怪我をした人の中には妊婦もいたそうです。

大丈夫だったのでしょうか。

安全には配慮しているはずなのでしょうに、いったい何があったのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

ちなみに、まつりの実行委員会はこの日の山車の巡行を中止しましたが、12日は予定通り実施するということです。

祭り
引用:上毛新聞

スポンサーリンク

事故の概要

 県警渋川署によると、川崎市の母親(34)と山車を引いていたとみられる娘の女児(2)が転倒したのをきっかけに、周囲の人が相次いで倒れた。女児をかばおうとした母親は腕の骨が折れ、女児は後頭部打撲などのけが。母親は妊娠中だったが、母体に影響はないとみられる。ほかに4人も足などの骨が折れた。

引用:朝日デジタル

女児と母親を含め、6人が怪我をしたようです。

女児と母親は山車を引いていたのですね。

つまり、祭りを見ていたのでじはなく、参加していたのですね。

関係者によると、祭りのハイライト「八幡上り」で6番目の山車を引き始めた際、勢いのついた山車の前に女児(2)と母親(34)がいることに引き手の1人が気付き、親子を安全な場所に移動させようとした。その際、動き出していた山車に数人が引かれたり、車輪にはさまれたとみられる。

引用:上毛新聞

勢いがついた山車が危険だと感じて、山車を引いていた人が、近くにいた女児と母親を避難させようとしたら、間に合わずに山車に引き込まれてしまったようです。

とっさの判断も間に合わなかったということなのでしょうか。

二人を移動させる時に女児が転び、その子を近づいてくる山車から守ろうとして、母親が女児に覆いかぶさったところ、ひかれたという状況です。

女児は軽傷ですが、母親は腕を骨折してしまいました。

それに、なんと、母親は妊娠中だったというのです。

ですが、母体に影響はないとみられるとのことで、不幸中の幸いでした。

ひとまず、安心しました。

関係者は、、、

田辺寛治実行委員長は「安全に注意するよう各自治会に話していたが、こうした事故を起こしてしまい申し訳ない。責任を感じている」と謝罪。実行委名誉会長の高木勉市長は「夏祭りの中心行事の『八幡上り』でこのような事故が起きて残念。今後、安全対策を徹底するとともに、安全意識を高めるよう対策を講じたい」と話した。上毛新聞

のようにコメントしています。

このような、幼い子供や妊婦が参加できるようなお祭りだったのでしょうか。

安全面をどのように考えていたのかが、気になります。

スポンサーリンク

渋川山車まつりとは?

そもそも、この渋川山車まつりとはどんなお祭りなのでしょうか。

ポスター
引用:渋川市観光サイト

渋川市の観光情報サイトによれば、「山車祭り」のことを以下のように紹介しています。

19台の山車が巡行する渋川山車まつり
は、50m~100mもある2本の曳き綱
を、先頭の綱頭の裁量で左右に、上下
に、時に蛇行して曳き合い、曳き手同士
がぶつかり合い、気勢を上げるもので、
関東のみならず全国に例のない「あばれ
山車」です。山車からはみ出して据え付
けられた大太鼓(おおど)は、叩き手が
命綱を付け、全身を山車の外に放り出し
て華麗に舞いながら叩きます。新町の
『水車流』、坂下町の『雲竜型』など各町
腕自慢の若連の演技を観比べるのも楽
しいものです。

引用:渋川市観光サイト

渋川山車まつりは、江戸後期に始まったとされ、参加各町それぞれに人形を乗せ、見事な彫刻で飾られた山車が市街地を練り歩くものです。

この画像のような各町内の山車が、練り歩くのですね。

19台ものたくさんの山車ですから、勇壮で見事でしょうね。


引用:渋川市観光サイト

渋川山車まつりの場所(現場)は?

渋川山車祭りは、群馬県渋川市で行われています。

高崎市から北に位置した場所にあるのですね。

スポンサーリンク

ネット上の反応

ネット上の反応では、、、

ガイドラインをある程度強化することはできると思う。

山車周辺に子供を近づけないとか、
山車を曳く男衆に経験者や力持ちを揃えるとか・・

だけどそれでもリスクゼロにすることはできないので、
注意喚起しながら継続させることになるのだろうし、
それでよいと思います。

引用:ヤフーニュース

観客と思ったら、山車を引いていたって…参加していたということなのか。驚き。 2歳の子?妊婦?危険性を考えなかったのだろうか…家族や運営側は止めなかったのだろうか…疑問だらけ。引用:ヤフーニュース

山車の大きさがわからないけど、2歳は危ないだろう。下手すれば死んでる。

引用:ヤフーニュース

といったものがありました。

まとめ

ネット上の反応にもあったように、不幸な事故でしたが、これからもお祭りを続けていくためにも、参加者などのガイドラインは必要ですよね。

誰でも参加できるようなお祭りではないようですから。

これを機に改善していってほしいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする