サザエさん・磯野フネ、声優・麻生美代子さん死去、顔画像と経歴、惜しむ声ぞくぞくと…

フジテレビ系アニメ『サザエさん』で、磯野フネ役を務めてきた声優の麻生美代子さんが、8月25日に亡くなられました。

御年92歳だったそうです。

所属事務所によると、死因は老衰であり、既に、葬儀告別式は親族のみで済ませているとのこと。

また、大切な人が、亡くなってしまった感じがします。

磯野フネさん、声優の麻生美代子さんの経歴を振り返ってみましょう。

アニメ
引用:オリコンニュース

スポンサーリンク

麻生美代子さんの顔画像

こちらが麻生美代子さんの顔画像です。

品のよいおばあちゃまといった感じですね。

磯野フネは和装がメインでしたが、もし洋装をしたら、こんな感じだったのかもしれません。

人
引用:スポニチ

麻生美代子さんのプロフィール

麻生美代子(あそうみよこ)さんは、東京都田端に生まれ、御徒町で育ちました。

今年、92歳でした。

本名は左近允 美代(さこんじょう みよ)というそうです。

珍しい苗字ですね。

ご主人は、音響ディレクターをされていた左近允洋さんでしたが、2008年に亡くなられたようです。

フリガナ アソウ ミヨコ
性別 女性
生年月日 1926/4/7
星座 おひつじ座
血液型 A型
身長 150cm
出身地 東京
ジャンル 女優 、声優・ナレーター
代表作 サザエさん (アニメ) 磯野フネ役/1969年
煙が目にしみる (舞台)/2003年
あおげば尊し (映画・市川準監督)/2005年
和風総本家 (テレビ東京) ナレーション/2008年
特技 演画
趣味 スキューバダイビング

出典:VIPタイムズ社

他にも、『鋼の錬金術師』ピナコ・ロックベル役

『アルプスの少女ハイジ』ロッテンマイヤー役

吹替えで「赤毛のアン」シリーズのマリラ・カスバードなどの声をされました。

このほか、テレビ東京系『和風総本家』のナレーションなどもされていましたね。

温かみのある、落ち着いた、心の深い部分を包んでくれるような声に癒されて、楽しく番組を見たものです。

スポンサーリンク

『サザエさん』共演者やスタッフからのコメント

既に、「サザエさん」からは離れているものの、スタッフから、以下のようなコメントがありました。

加藤みどり(サザエさん役)
放送が始まった時は私が一番年下だったのですが、それからずっと、何かあればいつも麻生さんに相談できて、頼りになる先輩でした。現場でもムードメーカー的存在なので、『サザエさん』の中でも外でも麻生さんがいれば安心してやってこられました。趣味人でもありいろんなことに前向きな方で、80歳になられても声が出るし、滑舌も良く、先輩として皆の目標になっていました。なので、私の中では同じ形で麻生さんが生きているような感じがして、懐かしい思いがします。どこにいても、麻生さんは麻生さんです。

貴家堂子(タラちゃん役)
とても残念でさびしいです…。安らかにお眠りください。

アニメ『サザエさん』スタッフ一同
放送開始から46年の間、麻生さんに演じ続けていただいたフネさんは、優しくてしっかり者でありながらかわいらしいところもある、磯野家の自慢の母でした。ひとりの女性として誰もが憧れるフネさん像を築いてくださったことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。『サザエさん』スタッフ一同、これからも麻生さんの思いを大切につないでいきたいと思います。本当に、ありがとうございました。

引用:オリコンニュース

本当に、母のような、あたたかく頼れる方だったのですね。

スポンサーリンク

ネット上の反応

まさに一つの時代が終わった。
ご冥福をお祈りします。

引用:ヤフーニュース

カツオくん、波平さんに続いてフネさん…
仕方ないのかもしれないけど寂しい
ご冥福をお祈りいたします

引用:ヤフーニュース

まとめ

先日も、「ちびまる子ちゃん」の作者である、さくらももこさんが亡くなり、今度は「サザエさん」のフネさんこと、麻生美代子さんがお亡くなりになりました。

一気に、何か大きなものが失われた気がします。

ネット上の反応も、その死を惜しむ声でいっぱです。

サザエさんのお母さん、そして、私たちのお母さんといった感じでもありました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする