衣笠祥雄さん死去、鉄人と呼ばれた理由

元プロ野球選手で、野球解説者の衣笠祥雄さんが、2018年4月23日に大腸がんでお亡くなりになりました。

御年71歳でした。

いつも穏やかな笑顔が印象的な方でしたが、それに似合わず、「鉄人」と呼ばれていました。

それはどのような理由からなのでしょうか。

スポンサーリンク



鉄人と呼ばれた理由

背番号28

衣笠さんは、1964年に広島カープに入団し、1968年から一軍のレギュラーとして活躍しました。

その時の背番号が”28”であったことから、マンガの『鉄人28号』(横山光輝作)にちなんで、「鉄人」の愛称で親しまれたのが、そのはじまりでもあります。

その後、1975年からは背番号3をつけましたが、カープは彼の活躍をたたえ、背番号3を永久欠番としています。

タフな体

もともと野球選手としては小さい方ではありましたが、体はとても頑丈だったそうです。

骨折しても出場

1979年8月1日に対巨人戦でデットボールをを受け、左の肩甲骨を骨折してしまいました。

全治2週間と診断され、連続試合出場記録が1122試合で止まってしまうかもしれないという危機が訪れました。

しかし、翌日2日の試合には代打として出場し、江川卓選手の投球にフルスイングで立ち向かい、三球三振をしたのです。

さらに翌日3日の試合では、スターティングメンバーとして試合開始から三塁手として出場しました。

骨折しているのに驚きですね。

スポンサーリンク



続く記録

1980年8月2日に、日本プロ野球記録として、1247試合連続出場が達成されました。

そして、1987年6月11日にメジャーリーグの保持する世界記録を抜いて、2131試合連続出場を達成しました。

この記録は、現役を引退することになり、最終試合となった1987年10月22日まで続き、2215試合連続出場をもって終わりとなりました。

実に17年もの間、1回も休むことなく野球の試合に出場し続けたのです。

これを成し遂げるには、運だけでなく、不断の努力が必要ですね。

他にも、打点王・盗塁王・最多安打のタイトルを各1回づつ獲得しています。

1996年には野球殿堂入りもしています。

その功績をたたえ、1987年に国民栄誉賞も受賞しています。

スポンサーリンク



まとめ

71歳という年齢はまだ若く、野球界、その他各界からその死を惜しむ声が上がっています。

衣笠さんは、亡くなる日の4日前(4月19日)まで、野球解説者として仕事をしていました。

まさに、最後まで「鉄人」だったのかもしれません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする