小樽・本間美代子・本間謙二の顔画像は?いったい何が?高齢両親が50歳息子を殺害!

5日未明、北海道小樽市で70代の夫婦が50歳の息子の顔を枕で押さえて殺害しようとした疑いで逮捕されました。

息子は病院に運ばれましたが、死亡してしまいました。。

この親子にいったい何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

警察によりますと、2人は5日午前2時半ごろ自宅で息子の本間一矢さん50歳の顔を枕で押さえつけたとして殺人未遂の疑いが持たれています。
当時、美代子容疑者が警察に「息子が暴れている」と通報し、警察官が駆けつけたところ一矢さんが室内で倒れていたということです。
警察に対し2人は一矢さんの顔を枕で押さえつけたことを認めたことから殺人未遂の疑いで逮捕しました。
一矢さんは病院に搬送されましたがその後死亡が確認されたということです。
死亡した一矢さんは父親の謙二容疑者と母親の美代子容疑者の3人で暮らしていたということで、警察は当時の状況や動機などについて詳しく調べています。

引用:NHK

息子が暴れていたのですね。

それで、容疑者たちは、顔を枕で押さえつけて暴れるのをおさえた。

枕で。

とっさに近くにあった物で、押さえつけてしまったのでしょうか。

結果、息子は死んでしまったとのことです。

本間美代子容疑者の顔画像とプロフィール

現在のところ、顔画像については公開されておりません。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

氏 名 本間美代子
年 齢   75歳
職 業 無 職
住 所 小樽市新光

家族は、夫の謙二容疑者と被害者の本間一矢さんの三人です。

Facebookについても調べてみましたが、本人だと断定できるものはありませんでした。

気になる方はこちらからどうぞ→Facebook

本間謙二容疑者の顔画像とプロフィール

現在のところ、顔画像については公開されておりません。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

氏 名    本間譲二
年 齢   76歳
職 業  無職
住 所  小樽市新光

家族は、妻の美代子容疑者と被害者の本間一矢さんの三人です。

Facebookについても調べてみましたが、本人だと断定できるものはありませんでした。

気になる方はこちらからどうぞ→Facebook

被害者のプロフィール

氏 名    本間一矢
年 齢  50歳
職 業  不明
住 所   小樽市新光

両容疑者の息子でした。

なぜ暴れていたのでしょうか。

何か病気でも持っていたのでしょうかね。

スポンサーリンク

何があった?

いったいこの親子に何があったのでしょうか。

美代子容疑者が警察に「息子が暴れている」と通報し、警察官が駆けつけたところ一矢さんが

室内で倒れていたということです。

時間は午前2時半頃。

夜中に暴れているというのは、、、。

親子で何か争いごとがあり、喧嘩をしていた?

一矢さんにメンタル的な病気等があって、パニックになっていた?

もともと、一矢さんに知的障害があって暴れていた?

或いは、何か薬を摂取して発作がでていた?

様々なことが考えられますね。

いずれにしても、両親は自分たちの身の危険を感じたからこそ、一矢さんの顔を枕で押さえつけたのだと思います。

殺すつもりもなかったのではないでしょうか。

取り敢えず、暴れるのを抑えたいだけだったのでは。

もしかしたら、暴れるのもこの日だけではなかったかも。

日常的に暴れていたのかもしれません。

だとしたら、何か公的な機関に助けを求めることは出来なかったのか。

残念でなりません。

現場はどこ?

場所は、北海道小樽市。

小樽市は石狩湾に面し、札幌市の北西に位置している北海道の港湾都市です。

その小樽市新光にある市営住宅が現場です。

こちらが現場の住宅ですね。

建物
引用:ANN

この住宅でどんな思いで暮らしていたのでしょうかね。

スポンサーリンク

ネット上の反応

親も我慢して我慢してのどうしようもなく犯行に及んだと思う

暴力を振るう息子に行政は手を差し伸べてくれない、ご両親は心休まる日が1日も無かったのでは…気の毒な事件です。

引用:ヤフーニュース

殺害するつもりはなかったと思う!
逮捕されてでも、50歳の息子から逃れたかっただけだと思う!

引用:ヤフーニュース

この息子、うつ病か何かで引きこもってたのか?

引用:ヤフーニュース

まとめ

ネット上の反応も、容疑者らに同情するものがほとんどでした。

そうですよね。

いくつになっても、我が子は我が子ですから。

その子に手をかける又は、結果として殺害してしまうことはやむにやまれぬ事情があったのでしょう。

やり切れない事件ですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする