福岡・西村浩二弁護士、女性に「ほれ薬」飲ませようとして懲戒処分。その動機は?

「ほれ薬」とされる液体を知人女性の飲み物にある液体を混ぜて、飲ませようとしたとして、弁護士の男性が、弁護士会から懲戒処分を受けました。

その液体は「ほれ薬」といわれるものだったのです。

いったい、どういうことなのでしょうか。

細かくみていきましょう。

人

引用:NNN

スポンサーリンク



事件の概要

去年3月。知人女性を夕食に誘った西村弁護士。2人でソフトドリンクを飲んでいた。女性が後ろを向いた際、ポケットからスポイトのような容器を取り出す。中には「ほれ薬」という黒い液体。その液体を女性のグラスに入れようとするが、女性に見られてしまい、液体を入れず、テーブルの下に隠したという。

引用:NNN

女性と夕食をしていた時に「ほれ薬」を入れようとしたのですね。

物
引用:NNN

ポケットからスポイト状のものを取り出し、、、

物
引用:NNN

液体を女性のグラスに入れようとした。

女性に見つかり、実際には入れることはできなかったのですが。

弁護士会は、その液体が有害か無害のものか確認できていないとしています。

スポンサーリンク



西村浩二弁護士のプロフィール

西村浩二弁護士の顔画像については、公開されておりませんでした。

氏名  西村浩二

年齢  45歳

職業  弁護士(福岡県弁護士会所属)

住所  不明

さらに、詳しい情報が気になる方はこちらからどうぞ→弁護士ジャパン

なぜ、そんなことを?

西村弁護士は、「自分にほれてもらいたかった」などと話しているそうです。

だから、「ほれ薬」を女性のグラスに入れた。

相手の女性のことが好きで、自分を好きになって欲しいと必至だったんですね。

その必至な気持ちは理解できます。

ですが、だからといって中身のよく分からない物に頼ってしまうこと、それを他人に摂取させることは理解できません。

本当に、相手を好きになるような薬があると信じていたのでしょうかね。

ほれ薬とは?

西村弁護士は、ほれ薬をネットで購入したということですが、実際に、検索してみるとかなりの数・種類のものが売られているのですね。

驚きです!

物
引用:NNN

「ほれ薬」とは、媚薬とも言われるのですが、恋愛感情・性的興奮を高める作用を持つ薬のことだそうです。

内容物は植物性・動物性のいろいろなものが入っているようです。

ですが、相手の気持ちを操作できるような効果はないとのことです。

詳しくは知りたい方はこちらからどうぞ→Wikipedia

スポンサーリンク



ネットの反応

ちょっと考えたら分かると思うけどね
自分をみがいたら効果あると思いますよ!

引用:ヤフーニュース

そんな薬を信じてしまう弁護士って有る意味怖すぎる。
こんな、弁護士には仕事を依頼したくない。

引用:ヤフーニュース

考えることが男子中学生みたい。
中学生でも、今やこんなほれ薬があるなんて思う子いるんかな。

40代男性。弁護士で頭は良かったけど、恋愛経験や人とのコミュニケーションは非常に乏しかったのかな。

気持ち悪い

引用:ヤフーニュース

まとめ

西村弁護士は、業務停止3か月の懲戒処分を受けたのですが、今回のことで、それ以上に大きなものを失ったかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする