中村精寛容疑者の顔画像あり、危険なあおり運転と明白な証拠・カメラは見ていた!

堺市南区の大阪府道で2日、バイクに乗っていた男子大学生(22)が車にはねられて死亡する事故がありました。

一般的な交通事故とは異なり、府警は容疑者(40)を殺人と道交法違反(ひき逃げ)の両容疑で逮捕しました。

それだけ危険なあおり運転ということなのでしょう。

細かくみていきましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

堺市南区の大阪府道で2日、バイクに乗っていた男子大学生(22)が車にはねられて死亡する事故があり、府警は4日、車を運転していた近くの警備員中村精寛(あきひろ)容疑者(40)を殺人と道交法違反(ひき逃げ)の両容疑で逮捕したと発表した。中村容疑者は約1キロにわたってバイクを後ろからあおり、加速して追突していたという。「故意にぶつけたわけではない」と容疑を否認している。府警によると、あおり運転に殺人容疑を適用するのは異例。

発表によると、中村容疑者は2日午後7時35分頃、堺市南区竹城台の府道泉北1号線で、前をバイクで走っていた堺市西区の大学4年生高田拓海さんを車であおって追突し、脳挫傷などで死亡させるなどした疑い。

引用:読売新聞

あおり運転をしたあげくの、追突事故です。

被害者は、バイクに乗っていた22歳の大学生で、事故により、脳挫傷などで亡くなってしまいました。

スポンサーリンク



中村精寛容疑者の顔画像

人
引用:読売テレビニュース

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

気になる方はこちらからどうぞ→Facebookアカウント

中村精寛容疑者のプロフィール

氏名  中村精寛(あきひろ)

年齢  40歳

職業  警備員

住所  堺市南区

この年齢ですから、家族がいるかもしれませんが、判明しませんでした。

現場付近の地図


現場は、堺市南区竹城台の府道泉北1号線です。

あおり運転をした動機?

バイクに追い抜かれた事から、あおり運転が始まったようです。

つまり、追い抜かれたことで頭にきたから、というのが動機と推測されます。

抜かされたということが、いったい何だというのでしょうか。

バカにされたとでも思うのでしょうかね。

容疑者は、動機について未だ語ってはいませんが、解明が待たれます。

あおり運転の内容

そのあおり運転が酷い!のです。

資料

引用:読売新聞

・バイクに追い抜かれたので、バイクに接近しながら、パッシングしたり、クラクションを鳴らしたりして(あおり運転)、約1キロにわたって追いかけた。

・バイクに追突した。

・容疑者は、倒れたバイクを放置したまま、逃走した。

・その後、現場に戻った。

そんなあおり運転をしたら、危険だということが分からないのでしょうか。

故意ではない、わざとではないなどという言い訳は、通用しないのです。

悪質だからこそ、府警も、あおり運転に殺人容疑を適用したのでしょうね。

カメラが見ていた明らかな証拠

容疑者はこの追突事故について、「故意にぶつけたわけではない」とか「左車線が気になって前方不注意だった」などと言って、否認しているようです。

ですが、これを覆す明らかな証拠があったのです!

何だと思いますか?

中村容疑者の車のドライブレコーダーだったのです。

そこには、バイクに追い抜かれた後、接近しながらパッシングしたり、クラクションを鳴らしたりしている様子が映っていたのです。

本来、相手の非を証明し、自分の身を守るものですが、今回は、自分の非を証明することになりました。

カメラは見ていたのですね。

スポンサーリンク



ネットの反応


本当に、あおり運転は、危険そのものです。

ささいなことで頭にくるようであれば、運転をしないでほしいです。

亡くなられた大学生のご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする