天体

みずがめ座δ流星群2019見える方角と時間!関東の穴場スポットも

星
スポンサーリンク

こんにちは!まめ柴です‼

初夏のこの時期は、昼間の蒸し暑さが去って、ふと、夜空を見上げたすることはありませんか?

ちょっと疲れたあなたを癒すかのように、夜空にはきらめく星空が広がっています。

この時期は、流星群観測シーズンの到来といわれるくらい、流星群を多く見ることができます。

その中で、今回は、みずがめ座δ(デルタ)流星群2019についてご紹介しましょう。

題して、「みずがめ座δ流星群2019見える方角と時間!関東の穴場スポットも」という内容でお伝えします。

みずがめ座δ流星群2019見える方角と時間は?


みずがめ座δ(デルタ)流星2019の見られる時期としては、7月12日から8月23日とされています。

ですが、極大日は7月28日!この日がベストということです。

時間は、日没後から午前2時位までの間、良く見えるとのこと。

 

というのは、この日、月が昇るのは夜明け前なので、それまでは月明かりの影響がないからなんです。

なので、ほとんどの時間良く見えますね!やったー!

 

*7月28日がベストですが、その日に見ることができなくても、28日の前後数日の日であれば見頃であるといえます。

なので、28日が悪天候でもまだ、チャンスはありますから、あきらめないでくださいね。

 

みずがめ座δ(デルタ)流星2019の見られる方向としては、どちらの方向でも大丈夫とのこと。

流星は空全体に広がって現れるので、どの方向と特定することができないのです。

大きく夜空全体を眺めて、見つけてくださいね。

都市から離れた、灯りの少ない暗い場所では天の川も綺麗に見えて、流星群とともに楽しめるかもしれませんよ。

まめ柴
まめ柴
一番見える日は7月28日、時間は日没後から午前2時位まで、見える方角はどちらの方向でもOK!
スポンサーリンク

みずがめ座δ流星群2019見える関東の穴場スポット

新道峠第一展望台(山梨県)

とても綺麗ですねぇ。富士山のはるか上に星空という構図にもひかれます。

こちらは、山梨県河口湖の近くの新道峠です。

ここは、山の裾のまできれいに見えるので、富士山を撮影するのに人気の場所です。

しかも、峠ですから、街から離れて明かりも少ない。

星空と富士山!絵になりますね。

*道が狭かったり、遊歩道を歩くので、事前に情報を確認してくださいね。

詳しい情報はコチラ→新道峠

 

羊山公園(埼玉県秩父市)

こちらは、羊山公園芝桜の丘です。

5月に撮影されたものなので、現在は芝桜が咲いてはいません。

ですが、武甲山を下にして星空を写すのは良いですよね。

山には明かりがないから、星がよくみえますよ。

 

園内には、宿泊施設もあるとのこと。

お泊まりすることが可能ならば、星の観察がゆっくりとできますね。

詳しい情報はコチラ→羊山公園

 

伊豆諸島(東京都)

こちらは八丈島でのものですが、天の川なども映っていて、綺麗ですねぇ。

実際に、八丈島までいかなくてもよいのですが、島であれば、それほど高い建物もなく、夜空を見渡せますから、流星も見つけやすいですよね。

詳しい情報はコチラ→伊豆諸島

 まとめ

今回は、「みずがめ座δ流星群2019見える方角と時間!関東の穴場スポットも」という内容でお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

基本、どこでもみえるのですが、灯りやさえぎる物があるとみえませんよ。

ですので、山や海、平原など灯りの少ない広い場所で見てください

そして、流星を見たら忘れずに願い事をしてみてくださいね。

流れ星が、願いをかなえてくれるかもしれません。(^^)/

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク