芸能

majiko(まじ娘)って誰?新曲「エミリーと15の約束」っていいなあ

スポンサーリンク

こんにちは、まめ柴です!

気になる人を発見しました!

majiko(まじ娘)さん、というシンガーソングライターです。

どんな方なんでしょうか?

新アルバム『寂しい人が一番偉いんだ』もリリースされました。

特に、その中の「エミリーと15の約束」を聴いてビックリ!

良い曲なんですよ。

題して、『majiko(まじ娘)って誰?新曲「エミリーと15の約束」っていいなあ』ということでお伝えします。

majiko(まじ娘)って誰?

こちらがmajikoさんです!

majikoの由来は?

majikoと書いて、まじ娘(まじこ)と読む、呼ぶそうですが、その名前が印象に残りました。

その名前の由来は何なのでしょう?

真面目だから?

いえいえ、そうゆうことではなくて、芸名を決める時に、友人に相談したところ、「まじこでいいんじゃないの?」と言われて適当に決めたそうです。

本名は「小島」ということで、「小島」を逆さまにすると「まじこ」になることから「まじ娘」になったとも言われています。

「まじこ」のは、子だと普通なので、にしたとか。

おもしろーい(^^)/

majikoのプロフィール

majikoのプロフィールをまとめてみました。

芸名 majiko( まじ娘)
本名 小島さん(姓しかわかりませんでした)
生年月日 1992年10月28日(現在、26歳)
出身地 東京都
職業 シンガーソングライター、イラストレーター
活動 2014年から開始
事務所 ピンナップスアーティスト

* 高校時代はバンド活動に励んでいたそうですが、担当はドラム。

その後、専門学校へ進学する頃にはボーカリスト一本で活動する事を決意したようです。

デビューは2014年、21歳の時ですから、その3年ほど前ということになりますね。

 

*芸能活動の始まりは、2010年に、ニコニコ動画に自身の歌を初めて投稿したことがきっかけのようです。

その後も活動を続けて、2014年には、角松敏生さんのレコーディングとPV、ツアーに参加し、その年の12月には、「アマデウス」というミュージックビデオでデビューしました。

majikoの母親、父親は?

majikoさんの

母親はボーカリストであり、ボーカルトレーナーの小島恵理 さんだそうですが、2015年2月に亡くなられたそうです。

父親(名前は、わかりませんでした)は、ドラマーだそうです。

高校時代にバンド活動に励み、担当はドラムだったのも、父親の影響なのでしょう。

ご両親が、音楽関係の仕事の方だったため、音楽の絶えない環境で育ったようですね。

スポンサーリンク

majiko(まじ娘)の新曲「エミリーと15の約束」っていいなあ

majikoさんは、『寂しい人が一番偉いんだ』というアルバムを出されたんですよ。

このタイトルもすごいじゃないですか!

寂しい人が一番偉いって、わかるなあ。

いろいろな曲調があって、それぞれに良いのだけど、まめ柴がいいなぁって思ったのは、「エミリーと15の約束」という曲。

静かに曲が始まる。だけど、激しく、、、。

しばらく会えない、娘のエミリーに向けての母親からのメッセージを歌っているのですが、その歌詞の内容が一つ一つ共感できるんです。

生きていく中で起こる、すれ違いや生きにくさを、こうしたらいいよって言ってくれている。

「生きたいときに生きて、死にたい時に死になさい。」

「価値はあなたが決めるもの。」、、、、

ギクッとする言葉もあるけど、本当のことだから心にしみてくるんですよ。

ちょっと意味深なMVなんですけどね。

ぜひ、聴いてみてくださいね!

 

majikoさんの曲は、チャラチャラしてないのです。

若いのに、その一貫したメッセージや思考はどこからくるのでしょう。

注目です!

まとめ

今回、『majiko(まじ娘)って誰?新曲「エミリーと15の約束」っていいなあ』ということでお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

今、話題のmajikoさん、これからの活躍も見逃せませんね。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク