ありがとう、鎌倉学園!桑田圭祐(サザン)の応援も…高校野球・南神奈川代表の決勝

2018年7月29日、横浜スタジアムにて、第100回全国高校野球選手権神奈川大会の南

神奈川代表の決勝が行われました。

創部97年目の初優勝を目指す鎌倉学園高校と、18度目の優勝を狙う横浜高校が対戦。

両校の対戦は、秋春に続いて3季連続となり、対戦成績は1勝1敗の成績。

個の能力・スター選手が目立つ横浜高校、チーム力の鎌倉学園高校、その対戦結果はどうなっ

たでしょうか?

スポンサーリンク

全国高校野球選手権神奈川大会の南神奈川代表は?

横浜高校7-鎌倉学園3で、横浜高校の勝利となりました。


引用:カナコロ

鎌倉学園とは?

鎌倉学園とは、神奈川県鎌倉市山ノ内、建長寺の隣に所在する、中高一貫教育を提供する私立男子中学校・高等学校。

最寄り駅はJR北鎌倉駅。

古都、鎌倉という緑豊かな恵まれた自然環境の中にあります。

「文武両道」をモットーとし、勉強だけではなくスポーツにもかなりの力を注いでいます。

校風は、開放的で伸び伸び。

ですが、男子校の覇気も感じられ、クラブ活動への加入率は高く、生徒会活動や学校行事も活発です。

また、生徒と教員との距離が近く、母校愛が凄いのです。

教師の3分の1が、同校の卒業生なのだとか。


引用:鎌倉学園

甲子園へ、、、熱い応援

熱い応援

今までも、何度となく神奈川県大会でいいところまで行きながら、甲子園への切符を手にすることが出来なかったのです。

今回は30年ぶりの決勝進出。

期待は大きいのですが。

歴代野球部OBだけでなく、同校関係者、地域周辺の方々も熱く応援しています。

サザンの桑田さんからも…

同校出身のサザンオールスターズの桑田佳祐さんもその一人。

思わず、電報をうってしまったとのこと。

人

電報は同校のフェイスブックで紹介された。「鎌学野球部、および先生方、全校生徒の皆さん!! 決勝進出おめでとう!! さあ、勝負の時です!! 卒業生の私を含むサザンオールスターズを、どうか皆さんと一緒に甲子園球場に連れて行ってください!!」。さらにヒット曲「いとしのエリー」や「勝手にシンドバッド」の歌詞を引用しながら「笑ってもっとベイビー !! 星月夜オンマイマインド!! 勝負は時の運。出た目や結果なんて、勝手にシンドバッドでございます!!」と激励。最後は「鎌学万歳!! 熱中症対策と台風への備えも万全にお願いね!!」と締めくくった。

引用:日刊スポーツ

この電報については、鎌倉学園のFacebookでも紹介されています。

気になる方はこちらからどうぞ→Facebook

*鎌倉学園の応援団・応援歌の中に「勝手にシンドバッド」を使ったものがあるのですが、

これがなかなかユニークなのです!

やはり、桑田さん愛、先輩愛に溢れていますね。

スポンサーリンク

ネット上の反応


グランドせまい


スポンサーリンク

まとめ

今回も、甲子園には行くことはできませんでした。

県代表になって甲子園に行くことの大変さを、つくづく実感します。

特に学校数の多い神奈川県においては…。

ですが、この経験は素晴らしい経験です。

これから先の人生の豊かな土台になりますから。

高校3年生は、受験に向けて切り替えます。

これから来年の受験までに、猛ダッシュでw大レベルに合格する生徒もいます。

これからも、頑張れ!

キラキラをありがとう。

熱い夏をありがとう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする