小島一朗の顔画像は? 新幹線、殺傷事件の「むしゃくしゃした」犯行動機とは?

2018年6月9日夜、走行中の東海道新幹線の車内で、乗客の男女3人が刃物で刺され、うち1人が死傷した事件がありました。

逮捕された小島一朗容疑者(22)は、「誰でもよかった。むしゃくしゃしてやった」と供述しています。

なぜ、容疑者がこの事件を起こすほどの「むしゃくしゃ」という気持ちに至ったのか、背景を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク



事件の概要

9日夜、走行中の東海道新幹線の車内で刃物を持った男が乗客に切りつけ、男性1人が死亡、女性2人が重傷を負う事件があった。警察は、愛知県岡崎市の無職・小島一朗容疑者(22)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

引用:NNN

新幹線の中で、突然、切りつけてきたのですね。

4列 ○  ○  通  ○    ○

3列 女性A  犯人    女性B   ○

2列 ○  ○   路  ○    ○

1列 ○     男性    ○    ○

現場(乗車席)の位置関係を示してみました。

犯人は、12号車の3列目に座っており、まず、隣の窓側に座っている女性Aを襲い、

次に、通路をはさんだ席の女性Bを襲いました。

それを見た、1列目の男性 [会社員の梅田耕太郎さん(38)兵庫県尼崎市]が、女性達をかばいに入って、反撃にあったとのことです。

人
引用:NNN

救出される被害者の方たち。

人
引用:NNN

逮捕、連行される容疑者。

ズボンにかなりの量の血痕がかかっているのがわかります。

報道によれば、被害者男性に馬乗りになって、刃物を振り下ろしていたとのことです。

スポンサーリンク



小島一朗の顔画像とプロフィール

人
引用:NNN

上の画像は逮捕時のものです。

淡々とした表情をしていますね。

人
引用:NNN

氏名       小島 一朗

年齢       22歳

職業       無職

住所       愛知県岡崎市蓑川町(みのがわちょう)

「むしゃくしゃした」からという、犯行動機

小島容疑者の供述に「誰でもよかった。むしゃくしゃしてやった。」という言葉があります。

通常、いくらイライラする事があっても、だからと言って殺人をしようなどとは思いませんよね。

なぜ、彼はそこまでの嫌なことがあったのでしょうか。

小島容疑者の生い立ち

・5歳        発達障害であると診断される。

・13歳(中1)    不登校になり、家出をするようになる。

・14歳(中2)    自立支援センターに入所(両親と離れる。)

定時制高校を卒業後、職業訓練校を経る。

・19歳        就職

・20歳        退職(人間関係が原因)

・21歳        祖母と養子縁組を経て、同居

昨年、12月21日に、祖母からのキャッシュカードを持って、「人に支配されたくない」と家出をした。

既に過去に、4回もの家出があるという。

犯行動機の考察

この生い立ちだけを見ても、大変な人生だったのだろうと想像がつきます。

発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達がうまくいかず、その人が過ごす環境や周囲の人とのかかわりの不具合から、社会生活に困難が発生する障害のことです。

特に人間関係がうまくいかない事が多いのです。

本当は、その全てを理解した上で、そのうまくいかない部分を受け止め、本人の苦しみを軽減するのが、親であるはずなのです。

ですが、その親に理解されない、受け入れてもらえない、放棄されたというような状況だったようです。

小さい頃から、主に伯父が面倒をみていたようで、親の愛が不足の故に、心の安定がなかったのではないかと思われます。

伯父によると、小島容疑者は「俺なんて価値のない人間だ。自殺したい」と度々口にしていたとのこと。

誰もわかってくれない、受け入れてくれない。

仕事でも、発達障害からの人間関係が上手く行かず、働く意欲がなくなり、結果、続かない。

となれば、生きることも嫌になり、自暴自棄にもなることはわかります。

絶望、自己否定、そんな究極の思いは解消されない限り、最後には自分自身に向かうか、他者である他人、世の中に向かって発散されるしかないのでしょう。

ですが、そんな究極の「むしゃくしゃした」思いをぶつけられた相手は、本当に迷惑ですよね。

絶対に許されないことです。

スポンサーリンク



ネットの反応

勇気のある方だったと思います。

でも、刃物を持った相手を制圧するのは相当な技量が必要だそうだ。
一般人が立ち向かってもやられてしまう可能性が高い。

訓練を受けた警備員を乗務・車内巡回させるとか、対策を検討してほしい。

引用:ヤフーニュース

正義感あふれる方が亡くなったのが
何とも悲しい。
それにしても、新幹線の犯罪対策はどうなってる
のか?気が狂った凶悪犯に声かけた処で止めない
でしょう。
被害者の方の為にも、今後の為にも真剣に
再犯防止策を考えて欲しい。

引用:ヤフーニュース

ネット上では、女性を助けに入られて、亡くなられた梅田耕太郎さんの勇気を称え、その死を惜しむ声が多く聞かれました。

ご冥福をお祈りいたします。

また、新幹線内の防犯対策の再考、強化を望む意見も多数みうけられました。

新幹線など、どのような人が隣に座るかわかりません。

今一度、見直す必要があるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする