歌舞伎町・現場特定!女性転落死で男性巻き添え、その責任はだれが負うのか?

ビルから転落した女性が、通行人の男性にぶつかり、男性が重症を負いました。

女性はなぜ、ビルから転落することになったのでしょうか。

ケガをした男性の治療費などはどうなるのでしょう。

事件を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

街

東京・歌舞伎町で2日夜、ビルから転落した女性が通行中の男性とぶつかり、女性は死亡し、男性が重傷を負った。

2日午後7時ごろ、新宿区歌舞伎町のビルで、「女性が落ちてきて、通行人の男性の上に落ちた」と110番通報があった。

女性は病院に搬送されたが死亡し、20代の男性は、腕を骨折する重傷を負った。

目撃者は「男性は、あお向けの状態で頭から血を流していて、女性は、完全に会話のできない状態」と話した。

ビルの8階の外階段には、女性の靴やかばんがあったことや、目撃情報などから、女性はビルから飛び降り、路上を歩いていた20代の男性が巻き添えになったとみられる。

女性は20歳前後とみられ、警視庁は、くわしい経緯を調べている。

引用:FNN

女性がビルから転落し、下を歩いていた男性にぶつかったのですね。

女性は死亡し、20代の男性は、腕を骨折する重傷を負ったのこと。

亡くなった女性は都内に住む20歳前後の女性だそうです。

巻き添えになった男性のプロフィール

氏名 不明(公開されておりません)
年齢 20代
職業 不明(公開されておりません)
住所 北九州市

北九州市在住の方なのですね。

現在のところ、以上の情報しか公開されておりません。

新しい情報が入り次第、追記してまいります。

女性はなぜ転落したのか?

女性の転落の理由ですが、自殺の可能性が高いようです。

飛び降り自殺ですね。

女性が転落したビルの8階の外階段には、女性の靴やかばんがあったことなどがあったからそのように判断されたようです。

ということは、靴を脱いで飛び降りたということで、覚悟の行為ということなのでしょう。

靴
引用:FNN

これが女性の靴ですね。

ヒールのかなり高い靴です。

これをどんな思いで、脱いだのでしょうかね。

現場はどこ?

報道によりますと、新宿区歌舞伎町のビルということだったのですが、現場の画像から場所を特定致しました。

道
引用:FNN

こちらですね!

なぜ、女性はこの場所を選んだのでしょうかね。

<

巻き込まれた男性のケガなどは誰が責任を負うの?

ところで、巻き込まれて男性は腕を骨折する重傷を負いました。

男性の治療費、慰謝料は誰が支払うのでしょうか。

遺族

本来ならば、女性が責任を負うのです。

しかし、女性は亡くなってしまったので、相続によって女性の遺族が責任を負うということになります(民法896条本文)。

しかし、遺族が、相続放棄をしてしまった場合は相続人に請求できません(民法939条)から、法的には、遺族は何の責任もおいません。

犯罪被害者を支援する主な機関

自殺で他人を巻き込むことが犯罪といえるかどうか、状況が様々ですから一概に言えません。ですが、人が何時でも絶える事なく通っている道に飛び降りるのは、未必の故意によって、「他の人を巻き込んでもよい」という故意が認められることもあるかもしれません。

その場合、被害にあったならば、支援が受けられることもあります。

被害者支援センター

被害者の方は、被害直後の混乱した時期から、様々な各機関での手続きを余儀なくされます。
民間支援団体である「被害者支援センター」は、全国、各都道府県にあります。
「被害者支援センター」は、ご相談や、多くの機関における手続きのお手伝いや付添いを行い、調整するなど、被害者の方を総合的に、そして被害直後から長期にわたって途切れなく継続的に、サポートします。

引用:全国被害者ネットワーク

スポンサーリンク

ネット上の反応

自殺するのはかってだが、他人を巻き込む事は
止めてくれ、ケガした男性の治療費やらは誰が
面倒みるんだよ

引用:ヤフーニュース

*巻き込まれたくないですよね。

責任を誰がとってくれるのでしょうか。

男性は気の毒。だが20歳前後の女性が歌舞伎町で自殺…昔からよくあるけど、まぁお金や風俗関係がいつも絡んでくるよね。親は何してんだか…

引用:ヤフーニュース

昨日は鉄板、今日は人間。おちおち外歩けねーな。
気を付けるったって、ずっと上向いてられないしね。

引用:ヤフーニュース

*本当に、いつも注意していられないですよね。

まとめ

どんな辛い事があったのかはわかりませんが、自殺はしてはいけません。

ましてや、他人を巻き込んではいけません。

ケガをされた男性の早い回復をお祈りいたします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする