熊本・高校元事務員、PTA費業務上横領の岩永美千香の顔画像は?大金横領の手口は?

高校のPTA会費などを横領したとして、業務上横領の疑いで、56歳の女が逮捕されました。

今のところ約110万円の着服ということですが、実際は2800万円程も着服していると言われています。

なぜ、そんなことが可能だったのでしょうか。

細かくみていきましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

熊本県玉名市の県立高校で、事務員をしていた56歳の女が、PTA会費などおよそ110万円を着服したとして、業務上横領の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、玉名市にある県立玉名工業高校で平成27年6月までPTAと契約して、会計事務を担当していた岩永美千香容疑者(56)です。

警察の調べによりますと、この元事務員は、平成24年9月から3年間にわたり、保護者から集めたPTA会費など、およそ110万円を着服した業務上横領の疑いが持たれています。

引用:NHK

容疑者は高校の会計事務を担当していた職員だったのですね。

実際に、横領した時期は平成24年9月からの約3年間にわたってのことです。

現場の地図


この学校ですね。

スポンサーリンク



岩永美千香容疑者の顔画像

現在のところ、岩永美千香容疑者の顔画像は公開されておりません。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

Facebookアカウントも調べてみましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

気になる方はこちらからどうぞ→Facebook

氏名    岩永美千香

年齢    56歳

住所    熊本県玉名市富尾

職業    不明(元同校後援会職員)

横領の手口

容疑者は、熊本県立玉名工業高校の後援会とPTAの会計を担当する職員として2002年に採用されました。

そのために職員を採用するというのは、珍しい感じがしますが。

もちろん、不正が発覚した後の2015年6月に解雇されています。

2015年5月に学校が行った調査で発覚したそうです。

仕事でお金を扱うことをしているから、怪しまれずに引き出すことができたのでしょうね。

横領行為が始まったのが、2012年9月上旬からといいますから、10年位は、きちんと仕事をしていたのでしょう。

その10年間で積み重ねた信頼を利用して、横領してしまったのですね。

その信頼を裏切ってまで、何のために?と思いますが、着服金の使い道については、明確にしていないようです。

スポンサーリンク



ネットの反応

大金を目の前にすると、気持ちがゆらぐのかもしれません。

でも、犯罪をおかしたらいけませんよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする