愛知県小牧市・隕石が住宅の屋根を直撃!隕石の画像、大きさ、宇宙線についても詳しく紹介

夜、屋根の上に何かが落ちてきたました。

それは隕石だったのです。

隕石って、どんな物だったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

愛知県小牧市で先月、宇宙から落ちてきた隕石(いんせき)が住宅の屋根を壊したことが分かった。

隕石が落ちた家の住人「泥棒が屋根から落ちたと最初は思った」

隕石が直撃したのは、9月26日の午後10時半ごろ、小牧市の住宅の屋根。翌日、屋根の一部にえぐられたような跡を確認、隕石は庭などで見つかった。

隕石が落ちた家の住人「周りが黒く焦げていて、今までに見たことのない石だったので、なんかこれは違うなと思った」

見つかった隕石は大小1つずつで、国立科学博物館が鑑定したところ、「宇宙線」が検出され、隕石だと判明した。

今後、国立科学博物館はこの隕石を、発見場所にちなんで「小牧隕石」として国際隕石学会に登録する手続きを取る予定。

引用:日テレ

隕石が直撃した屋根はどうなっているのでしょうか。

小さな穴があいていますね。

屋根
引用:日テレ

アップしてみると、かなりえぐられていますね。

かなりの衝撃だったでしょうね。

穴
引用:日テレ

駐車場の屋根も穴があいています。

被害があちこちに。

屋根
引用:中日新聞

隕石はどんな感じのもなのでしょうか。

これですね。

大きさは、それぞれ、10センチ、5センチ、4センチほどで、屋根にあたって砕けた細かい物もあります。

石は住人の方の証言のように、周りが黒く焦げていますね。

磁石にくっつく性質があるそうです。

石
引用:FNN

石

石
引用:日テレ

後日、茨城県つくば市の国立科学博物館の研究施設が鑑定したところ、宇宙線が出ており、成分などから約45億年前にできた隕石とわかりました。

45億年前って⁉それがここに存在するということ⁉

あまりに壮大過ぎて、何だかよくわかりませんが、貴重で、凄いことですよね。

因みに、隕石が建物を直撃したのは平成15年に広島市に落ちた以来とみられ、とても珍しく、この地方で隕石が見つかったのは、2012年に岐阜市で見つかった「長良隕石」以来とのこと。

今後、この隕石は、発見場所にちなんで「小牧隕石」として登録されるそうです。

スポンサーリンク

宇宙線とは?

この隕石からは、宇宙線が出ているそうですが、宇宙線とは何でしょうか。

宇宙線(うちゅうせん、英: Cosmic ray)は、宇宙空間を飛び交う高エネルギーの放射線のことである。主な成分は陽子であり、アルファ粒子、リチウム、ベリリウム、ホウ素、鉄などの原子核が含まれている。地球にも常時飛来している。

引用:Wikipedia

そして、その宇宙線は、

・宇宙線が増加すると雲が増える

・宇宙線が増加すると雷の発生が多くなる

・宇宙線が増加すると心臓疾患(急停止など)が増える

引用:IN DEEP

などの影響の報告がされているそうです。

何やら難しく、まだよくわからない事が多いようです。

隕石が落ちた場所は?

愛知県小牧市小松寺の住宅です。

この赤い範囲内のどこかですね。

ネット上の反応

人にあたる可能性もあり危ないし怖いと思うけど、一方で、どこの宇宙から、いつから旅して、地球にたどり着いたのかと思うと、ロマンを感じずにはいられない。

引用:ヤフーニュース

隕石を売却したお金で家の修復できれば良いですね。
怪我ない事が何より。

引用:ヤフーニュース

大きな物だし結構な値段が付くかも!

引用:ヤフーニュース

ヤフオクに出したらいくらになるかな?

引用:ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

ネット上では、はるか宇宙から時を越えてやってきた隕石に、ロマンを感じる方がいらっしゃいました。

また、多くの方が、この隕石が高く売れるのか、価値はどのくらいあるのかに関心があるようでした。

実際のところ、その価値はわかりませんが。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする