稲井大輝の顔画像、いつもマスクを着用する理由はなに?自虐でカワハギと…

自宅マンションに女性を連れ込んで乱暴したとして、強制性交の疑いで、東京大学の学生が逮捕されていました。

現在は起訴もされています。

東大生が⁉ということでも驚きなのですが、かなり個性的な方だったようで。

幾つかの特徴の中の一つに、いつも、マスク着用しているということが挙げられます。

その点に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

自宅マンションに30代女性を連れ込んで乱暴したとして、警視庁新宿署が強制性交の疑いで、東大経済学部に在籍する稲井大輝容疑者(24)=東京都新宿区=を逮捕していたことが24日、同署への取材で分かった。東京地検は5日に強制性交罪で起訴した。

新宿署によると、逮捕時に「覚えていない」と容疑を否認していた。元々、女性と面識はなかったという。

逮捕容疑は9月15日未明、自宅で女性を乱暴した疑い。

稲井容疑者は「ミスター東大コンテスト」に出場し、2014年に最終選考に残っていた。派手な金髪や銀髪で“日本一チャラい東大生”を自称。東大生を集めたテレビのバラエティー番組にも出演し、「大して勉強していない」「京大は東大に入れない人が行くところ」などと豪語していた。その言動から、東大生の中では知られた存在だった。

動画サイトYouTubeに動画を投稿するユーチューバーとしても活動。「ナンパ術」などの動画をアップしていた。冒頭のあいさつは「東大生以外は下界の住民!」だった。

引用:スポニチ

9月15日未明に、同じマンションのエレベーターに乗り合わせた女性を自宅に連れ込んで乱暴したとのこと。

それまで、面識も無かったといいます。

同じマンションに住んでいるのに、そんな犯行をされては、女性は安心して住めません。

稲井被告にしても、後々ばれてしまうのは分かり切ったことだと思うのですが、随分、大胆な犯行ですよね。

被告はミスター東大のファイナリストに残り、テレビのバラエティー番組にも出演したりと派手な事を好むようですし、その言動からは強気で、人を見下すような感じを受けます。

ですが、実際の被告はどうだったのでしょうか。

マスクで顔を隠しているのは、、、。

稲井大輝被告のプロフィール

氏名 稲井大輝
年齢 24歳
住所 東京都新宿区
学歴 東京大学経済学部
出身高校 東京・私立駒場東邦高校

高校は都内にある、有名な進学校で、2018年3月には、47人(現役27人、卒業生20人)が東京大学に合格しています。

稲井被告は、一浪して東京大学経済学部に進学したそうです。

その様な高校でしたから、負けじと頑張ったのでしょうね。

それにしても、年齢から考えると留年をしているようです。

スポンサーリンク

稲井大輝被告の顔画像

こちらが顔画像ですが、珍しくマスクをしていない画像です。

普段は、たいていマスクを着用。

印象としては、今どきの軽い感じの若者という感じがしますが、、、。

人
引用:FNN

稲井大輝被告は、なぜいつもマスクをしているのか?

マスク着用の顔画像

こちらは、普段の被告の顔画像です。

必ず、口元をマスクや携帯電話で隠していますね。

不自然なくらいに。

人
引用:FNN

マスク着用の心理とは?

自信がない?

マスク着用の理由は色あるでしょうが、その背景には社会不安障害(特定の事に対して、とて

も強い精神的苦痛を感じてしまう事)にあるようです。

精神的苦痛を感じてしまう理由も様々ですが、

自分の姿を醜いと思い込んでしまい、普段の生活に支障をきたしてしまう程の精神的な苦痛を

感じてしまう醜形(しゅうけい)恐怖症があるそうです。

自分に自信がない人に現れるのだとか。

恥ずかしさから自分を守る?

マスクをする事で自分を匿名化させる効果があるそうで、心理学でいうと「仮面効果」という

心理現象だそうです。

マスクをすると、仮面効果により、快適で安心感が感じられるのだそうです。

マスク着用で、自分ではない誰かになることで、他人に対して恥ずかしいなどの感情から自分

を守っているとのこと。

コンプレックスを隠す?

何かしら容姿のコンプレックスを抱えているからのようで、鼻や歯並びや口元、顔の輪郭など

が気になり、隠したい為にマスクを着用している人が多いそうです。

人の脳には「空間補完効果」という隠れたものを都合よく補う機能がある為、マスクをすると

普段より美人やイケメンに見えやすいとのこと。

以上参考:美容男子

スポンサーリンク

稲井大輝被告の場合は?

被告のSNSから、口元にかなりのコンプレックスを感じていたようです。

また、200~300万円かけて整形をするとして、整形美容外科の医師とカウンセリングをうけている動画もありました。

自らをカワハギと言って自虐的に表現していましたが。

男性で整形まで考えるのは相当なことではないでしょうか。

だから、いつもマスク着用していたのですね。

結局、整形はしなかったようです。

さらに、口元のコンプレックスが遠い原因かは不明ですが、メンタル的に言うと、自信のない弱い人ではなかったのかと思うのです。

派手な生活、ミスター東大ファイナリスト、豪遊、ナンパ師、いずれも強気のもとに行われたものです。

ですが、これらのものは、実際の人間性に自信のない人が強く立派に見せて他人から承認してほしい為にする行為ではないでしょうか。

マスク着用することで、仮面効果で本来の弱い自分から解放され、虚勢を張った自分になることができたのかもしれません。

スポンサーリンク

ネット上の反応


まとめ

ネット上の反応であったように、海やプール、食事中にもマスクをするというのは驚きですよね。

それだけ、コンプレックスだったのでしょう。

それほどの自信のなさが、虚勢を張った生活に追いやったもかもしれません。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする