国内ニュース

池田莉菜は猫も虐待していた!詩梨ちゃんと猫を同じ部屋に放置!

スポンサーリンク

こんにちは。

またまた、驚くべき情報が入ってきました。

札幌市に住む、池田莉菜容疑者が、交際相手の藤原一弥容疑者(24)と共に、2歳になる娘の詩梨ちゃんに暴行を加え、虐待死させた事件は、すでに報道されているところです。

この池田容疑者は、さらに、猫を虐待していたというのです!

詳しく見ていきましょう。

事件の概要

こちらが、池田容疑者が娘の詩梨ちゃんに暴行を加え、虐待死させたとする事件の概要です。

北海道警は6日までに、自宅で娘(2)に暴行してけがを負わせたとして傷害の疑いで、母親の札幌市中央区、飲食店従業員池田莉菜容疑者(21)と、交際相手の同区、飲食店経営藤原一弥容疑者(24)を逮捕した。娘は搬送先の病院で死亡が確認された。死因は衰弱死。複数のあざもあり、道警は日常的な虐待の可能性もあるとみて調べている。

 逮捕容疑は5月上旬~今月5日ごろ、池田容疑者の自宅などで娘の詩梨ちゃんに暴行を加え、頭や顔にけがを負わせた疑い。道警は認否を明らかにしていない。

 道警によると、詩梨ちゃんの頭や背中などに複数のあざを確認したという。

引用:共同通信

簡単に、池田容疑者のプロフィールをお伝えしますね。

名前 池田莉菜(いけだ りな)
年齢 21歳
住所 北海道札幌市中央区南10西13
職業 飲食店従業員
家族 詩梨ちゃん(2歳) 亡くなってしまいました。

こちらが、亡くなった詩梨ちゃんです。

こんなに可愛がっていたのに、、、。

スポンサーリンク

池田莉奈容疑者は猫も虐待していた!

池田容疑者は、きなこという名前の猫を飼っていました。

とても可愛がっていたようですね。

もともと、猫が好きだったようで、Twitterには猫関係のツイートが多いです。

ですが、事件の後、池田容疑者の自宅からは、13匹の猫が保護されたそうです。

13匹!その数の多さに驚きますよね。

可愛いからといって、次から次へと子猫を拾ってきたのでしょうか。

それだけでなく、その飼育状況が酷いのです。

猫たちは、一つの部屋で飼われていたのですが、みな、通常の半分ほどの体重しかなく、あばら骨が見えるほどだったといいます。

また、体には、大量のダニや寄生虫がついていたとのこと。

その部屋は、猫のフンや尿で汚れた状態だったそうです。

結局、猫についても、餌をあげたり、掃除をしたりなどの世話をしていなかったのですね。

猫も虐待していたのです。

可愛がっていた、きなこはどうなったのでしょうか。

多分、他の猫と一緒に、放置されたのでしょうね。

可哀想に。

池田莉奈容疑者は猫も虐待し、詩梨ちゃんと猫を同じ部屋に放置していた!

そして、さらに驚くのは、その放置された猫たちのフンや尿で汚れたままになっている、その部屋に、詩梨ちゃんを放置していたというのです。

そんな劣悪な環境のなかに、詩梨ちゃんを暴行して放置!

タバコの火を押し付けたり、熱湯をかけたりして、火傷を負わせた我が子を放置する。

何て酷いのでしょうか。

まともに食事も与えず、栄養不足で衰弱している子供を、そんな汚い場所に放置したら、
何らかの菌が発生していて、病気になってしまうかもしれないのに。

もしかしたら、飢えた猫たちが、詩梨ちゃんを傷つける危険もあるかもしれないのに。

猫も人も同じ部屋に閉じ込めて放置し、世話をしない。

自分の興味がなくなったら、ポイなのでしょうか。

もう、想像するだけで詩梨ちゃんが可哀そうでなりません。

まとめ

情報によりますと、池田容疑者は、家庭環境に恵まれておらず、愛情に飢えていたようです。

ですから、池田容疑者に愛情を注いでくれる男性に夢中になるのは理解できます。

ですが、男に夢中になって、育児を放棄することは許されません。

育児ができないならば、その旨の機関に、子供を預けるなどの措置をとることぐらいはしなければ子供は死んでしまいます。

 

池田容疑者にとって、猫や詩梨ちゃんは何だったのでしょうか。

このような事件が、少しでも無くなりますように。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク