波照間永葵容疑者の顔画像、大田連合OBが傷害容疑逮捕!ただものではなかった…

東京・品川区のキャバクラ店で、男性客を殴ってケガをさせたとして、男が逮捕されました。

事件はそれほど珍しいものではありません。

ところがその男は、ただものではなかったのです。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

傷害の疑いで逮捕されたのは東京・大田区の元プロキックボクサー・波照間永葵容疑者。

警視庁によると波照間容疑者は今年4月、客として訪れた品川区のキャバクラ店で、別の男性客と口論になり、顔を殴るなどして全治およそ1週間のケガをさせた疑いが持たれている。

波照間容疑者は東京・大田区を拠点とする暴走族「大田連合」のOBによる準暴力団グループのリーダー格で、警視庁は、現場から逃走した仲間の男についても指名手配して行方を追っている。

引用:NNN

波照間容疑者は、客として行ったキャバクラ店で、別の男性客と口論になったとのこと。

その客の顔を殴るなどして全治およそ1週間のケガをさせたようです。

元プロキックボクサーであることから、顔を殴ったときの威力は凄かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



波照間永葵容疑者の顔画像

こちらが波照間容疑者の顔画像です。

何やら落ち着いている感じがします。

人
引用:NNN

波照間永葵容疑者のプロフィール

氏 名 波照間永葵(はてるまえいき)
年 齢 31歳
職 業 不明 元プロキックボクサー
住 所 東京都大田区

Facebookについても調べてみました。

ヒットする方はいたのですが、本人だと断定できませんでした。

気になる方はこちらからどうぞ→Facebook

太田連合とは?

容疑者は、大田区を拠点とする暴走族「大田連合」のOBです。

その「大田連合」って何なのでしょう。

1980年(昭和55年)8月、東京大田区内の公立中学27校のうち
23校の番長グループが集まって『大田連合』が結成された。

大田連合(おおたれんごう)は、東京都大田区周辺で活動している準暴力団

概要
昭和58年頃に大田区の暴走族が結集して「大田連合」が組織されたが、メンバーの逮捕等により壊滅、再結成を繰り返していた。
平成22年に「大田連合」自体は壊滅したものの、平成24年には対立グループとの抗争に備え、金属バット、鉄パイプ、ナイフ等の凶器を持って集合し抗争となるなど、大田連合OBを中心にグループを形成し活動している。
引用:yakuza wiki

元々、大田区の暴走族が集まったものでしたが、現在は準暴力団になっているとのことです。

準暴力団グループとは?

そして、容疑者は、「大田連合」のOBによる準暴力団のリーダー格です。
その準暴力団とは何なのでしょう。
準暴力団とは、暴走族の元構成員などを中心とする暴力的な不法行為を繰り返している反社会
的集団のことだそうです。
暴力団ほど明確な上下関係はないようですが、似たような組織集団だとのこと。
詳しくはこちらをどうぞ。→yakuza wiki
結局のところ、容疑者は、暴走族「大田連合」のOBによって出来ている、準暴力団のリーダ
ー格の一人なのですね。
普通の人ではありませんでした。

スポンサーリンク



ネット上の反応

暴走族のOBとか 笑
今の時代 ダサすぎる、まだ生息してるんだな w

引用:ヤフーニュース

こういう奴は四十路になっても五十路になっても同じだよ。
還暦になっても元暴走族の肩書に誇りを感じるクズ人間だよ。
くだらねープライドを墓場まで持って行くがいいさ。

引用:ヤフーニュース

ださい。

引用:ヤフーニュース

まとめ

一度、暴走族に入ると抜け出せないのでしょうか。

それとも、抜けたいとも思わないのでしょうか。

暴力を繰り返す生活から、足を洗ったらいいと思うのですが。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする