天体

天の川が見える場所2019関東の穴場まとめ!見える時間や方角についても!

星
スポンサーリンク

こんにちは!まめ柴です。

だんだんと七夕が近づいてきましたね。

七夕といえば、織姫や彦星、天の川が見えるかな?と気になるのですが、実際のところ、どうなのでしょうか。

そこで、「天の川が見える場所2019関東の穴場まとめ!見える時間や方角についても!」という内容でお伝えします。

天の川が見える場所2019関東の穴場まとめ!

 

天の川というのは、夜空を横切るように現れる雲状の光の帯のことですね。

東アジアの神話では夜空の光の帯を、川(河)と見ているのですが、ギリシャ神話では、これを乳と見ているのです。それで、英語圏では、天の川のことを、Milky Way(ミルキーウェイ)と言っています。

そんな、空全体的に現れる天の川ですから、どこでも見えるのですが、
特に、綺麗に見える場所をご紹介しますね。

南房総エリア(千葉県)

特に、ここ!というポイントの場所があるわけではないのですが、周りに灯りがない場所の方が、星はよく見えます。

ですから、海沿いの灯りのない場所は穴場といえますね。

千葉県の海岸から海に向かっての方向は天の川がよく見えますよ。

 

大荒磯前神社(茨城県)

太平洋に面した海岸のところに鳥居があり、インスタ映えしますね。

天の川や星空にも合いますが、お正月には初日の出を見るにも人気の場所です。

パワースポットでもあるこの神社から見た天の川は格別なものでしょう。

大洗磯前神社の公式サイトはコチラ

城ケ島公園(神奈川県)

神奈川県の先端、三浦市にある海岸の公園です。

目の前に広がる海と星空のコラボは映えますね。

城ケ島公園の公式サイトはコチラ

スポンサーリンク

阿智村(長野県)

日本一の星空が見れるとされる、長野県阿智村です。

関東に入るのか否かは微妙ですが、星空の美しさ際立つ!ということでご紹介しておきます。

絵に描いたような、いえいえ、リアルはそれ以上に美しいですね。

阿智村の公式サイトはコチラ

富士山(静岡・山梨県)

日本一高い場所、富士山ですよ!

それはもう、一番高いのですから、さえぎる物もなく、バッチリ見えます。

 

そんなところまで登れないよ!という方にここ!はいかがですか?

*富士宮口五合目

登れなくても、車やバスで行けますから大丈夫ですよ。

寒いかもしれませんから、防寒の用意をしていってくださいね。

富士山の公式サイトはコチラ

天の川が見える場所2019・見える時間や方角について

見える時間

天の川は、周りが暗くならないとよくみえません。

ですから、日没後、しっかりと暗くなってからです。

良く見える時間は、午後9時過ぎからがベスト!ですよ。

見える方角

天の川が見える方角としては、東の空を見上げてくださいね。


引用:アストロアーツ

そうすると、高い位置に織姫星(こと座のベガ)と斜め下に彦星(わし座のアルタイル)が明るく光っているのが見えます。

さらに、もう一つ、左下の方に明るく光る、デネブと呼ばれるはくちょう座の星があります。

これら3つを結んでできる大きな三角形が「夏の大三角」と言われています。

この大三角形の間に流れるようにあるのが、天の川です。

うっすらと見えるでしょう?

*さらに!2019年は7月3日と8月1日が新月なので、この前後のころには月明かりの影響も小さくなります。夜空が暗い状態ということですね。

ですので、天の川が見やすくなりますよ!わーい!

まめ柴
まめ柴
見える時間は午後9時過ぎから、見える方角は、東の空だよ!

まとめ

七夕である7月7日は、梅雨の最中なことが多く、夜も雨で星が見れないとお嘆きかもしれません。

ですが、星は七夕の日にしか見えないわけではありませんよ。

7月7日を過ぎても、ほぼ同じような星空を見ることができます
何時でも、星はそこにある!(^^)/

ですから、7月から8月初旬の間の晴れた夜空の時に天の川を堪能してみてくださいね

今回は、天の川が見える場所2019関東の穴場まとめ!見える時間や方角についても!という内容でお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク