芸能

あいみょん新曲「真夏の夜の匂いがする」MVで癖になる?縄縛り!ロケ地も!

人
スポンサーリンク

こんにちは!まめ柴です。

この度、シンガー・ソングライターのあいみょんが、新曲「真夏の夜の匂いがする」を出しました。

この新曲は妖しい魅力たっぷりなのですが、そのミュージックビデオ(MV)がもっと妖しい感じ、、、(^^;)

でも、あいみょん自身はそれを楽しんでいるようですよ!

どんなMVなのか、ご紹介しますね。

題して、『あいみょん新曲「真夏の夜の匂いがする」MVで癖になる?縄縛り⁈ロケ地も!』という内容でお伝えします。

あいみょん新曲「真夏の夜の匂いがする」MVはこれ!

7月24日にCDリリースされる、新曲「真夏の夜の匂いがする」は、石原さとみさん主演のTBS系ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(毎週火曜 後10:00)の主題歌にもなっています。

まずは、新曲「真夏の夜の匂いがする」のMVをご覧ください。

ね!いかがですか?

妖しい感じがするでしょう?

全体的に暗い中で、何かがうごめいている。不気味、、、。

それは、幽霊とかそういう不気味さ、怖さではなくて、
人間の欲望、愛憎、快楽、性欲等、人間の隠された、秘密にしておきたい業(ごう)や煩悩みたいなものを表現しているような気がします。

そういうのって、普段は隠れているし、また隠しておきたいですよね。

でも、人間の欲だから、じわじわと出てきてしまう、、、。

 

このMVを作られた山田監督は、「人の心の奥底に潜む、愛と欲望が入り交じった、じめったい複雑なものが、ときに幻想や狂想となって立ち込めてきます。次々に起こる出来事に、気持ちが昂ぶってゆく、夏の湿気を感じて欲しいです」と仰っています。

うーん、まさにその通りに表現されたMVですね。

 

そして、曲自体についていえば、始まりは暗い印象なのですが、テンポは軽くて、トントンと行く感じ。

でも、サビの所にきたら、一気に人間の欲望などを吹き飛ばすかのような盛り上がり!

このメロディーが良い!!

もう、まめ柴の頭にの中に入り込んでしまって、グルグルとループして曲がかかっているんです。!(^^)!

「天国か地獄か わからない道を行こう 振り切って進んでいこう

簡単じゃないから ハマってゆくんだろう 恋も金もこの人生も」

っていうサビは、歌詞もいいよね。

なんか、応援されている気になるなぁ。

スポンサーリンク

あいみょん新曲「真夏の夜の匂いがする」MVで癖になる?縄縛り!とは

このMVの始まりと終わりに、あいみょんが縄でつるされたり、縛られたままつるされていたりするシーンがあるのです。

人

縄で縛られてつるされるなんて、ギョッとしませんか。

縄が痛くないのかな?痕が残らない?と思ったのですが、あいみょんは、この撮影を楽しんでいたようです。

あいみょんは、「いつになくワクワクした撮影でした。山田監督とはもう4作目ですが、私が作る楽曲によって、撮影現場の雰囲気も匂いも全然異なって面白いです」と言っていましたよ。

人

ほら、こんな感じで、笑顔も見せていますね。

縄縛りもワクワクした気分で、ハマってしまうかもしれませんね。

あいみょん新曲「真夏の夜の匂いがする」MVロケ地はどこ?

この妖しい雰囲気を醸し出している場所はどこなのでしょうか。

場所は、埼玉県入間市河原町13-13です。

約100年前に建てられた洋風木造建築の旧石川組製糸西洋館なのです。

入間市駅から徒歩6分の所にありますよ。

そもそも、外国商人を招くための迎賓館として作られたとのことです。

現在は、内部は見学ができますし、本館の食堂は、コーヒーや焼き菓子を食べられる喫茶コーナーとなっています。

外観はこんな感じですね。

家

MVにも出てきたステンドグラスですね。

レトロ感が半端ないです。(^^)

ロケ地を見に行くのもいいかもしれませんね。

詳しい情報はコチラ→入間市

ネット上の反応

 

みなさんから好評のようですね。

まとめ

今回は、『あいみょん新曲「真夏の夜の匂いがする」MVで癖になる?縄縛り⁈ロケ地も!』という内容でお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

真夏の夜の匂いってどんな匂いなんでしょう?(笑)

夏のじっとり感が、人間の欲望がうごめくイメージにフィットするのでしょうかね。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク